2005年11月09日

良き理解者

11月9日  21時16分


昨日は「人は尊重されなければ快く行動しない」ってことを書きました。


中間管理職の同僚の彼には「良き理解者」が今のところ居ないのでしょう?奥さんや家族にどの程度理解されているかは分かりませんが自分を分かってくれる人って大事ですね!


大事って言うかそこが大半を占めるのではないかな?ってわたしは思っています。


理解者が居ることでどんな逆境にも耐えられるし、どんな困難なことにも取り組めると言う位大事なことなのですよ!


えらそうなこと言ってますがこれはわたしが実際に経験して感じていることです。



一人きりでは何も達成できません。表面上はそうでも理解者・協力者が必ず居ると思うのです。


自分にとってそうであって相手にとってそうでありたいですね?


今のわたしのケースでは、中間管理職の同僚の彼のよき理解者になりたい!えらそうにぃー!


でも助けになりたい、そう思うのです。
posted by あきら at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。